メニューバーやショートカットキーでアプリやフォルダ、Webサイトへのリンクを表示してくれるMac用アプリ「PMenu」がリリース。

スポンサーリンク

 メニューバーやショートカットキーでアプリやフォルダ、Webサイトへのリンクを表示してくれるMac用アプリ「PMenu」がリリースされています。詳細は以下から。

PMenuのアイコン。

 PMenuはフランスのDana Designが開発&公開したMac用ユーティリティアプリで、Macのメニューバーやマウスポインタの位置にアプリやフォルダ、Webサイトへのリンクなどを表示してくれるファイラー+アプリケーションランチャーの機能が利用できます。

PMenuのメニュー表示。

PMenu, your Personalized Menu to boost your productivity. Create your Personalized Menu and quickly access your Files, Websites, Folders, Apps and more.
KEY FEATURES:

  • Add as many files, folders, websites and apps that you would like to access quickly.
  • Sort files, folders, websites into Sections or submenus, for a even easier access.
  • Add files, folders, websites, apps with drag and drop or file picker.

PMenu – Personalized Menu for Files, Websites – Mac App Store

使い方

 使い方はアプリを起動して[Edit]アイコンを選択 → [Sections]でグループ名を決定 → [アイテム追加]ボタンでアプリやフォルダ/ファイル, Webリンクなどを追加してくだけで、各アイテムにはショートカットキーを設定できます。

リンクユーティリティ「PMenu」の設定方法。

現在のバージョンでは日本語環境でショートカットキーが表示されない(利用は可能)不具合があるようです。

 最後に[Preference]アイコンを選択し、マウスポインタの位置にPMenuウィンドウを表示するショートカットキーやメニューバーアイコンのデザイン、メニューバーに表示するアイテムアイコンのサイズなどを調整すれば素早く目的のアイテムへアクセスすることが出来ます。

マウスポインタの位置にPMenuのリストを表示した図。

 PMenuのシステム要件はOS X 10.11 El Capitan以上で、無料でMac App Storeに公開されているので、興味のある方は利用してみて下さい。