Mac用Instagramクライアント「Flume」がMac App Storeから撤退。有料版購入者にはライセンス移行ツールを公開。

スポンサーリンク

 Mac用Instagramクライアント「Flume」がMac App Storeから脱退すると発表しています。詳細は以下から。


 Flumeはドイツ人デザイナーのPeter Amendeさんらが開発しているEdge-to-Edgeデザインを採用したMac用Instagramクライアントですが、このFlumeがMac App Storeから撤退したと発表しています。

As of today, Apple has removed Flume for Mac from sale on the Mac App Store. This blog post will try to explain as much of the situation as possible, and provide information for new and existing users.

Flume leaves the Mac App Store – Flume Blog

 FlumeがMac App Storeから撤退した理由は、Flumeのアップロード機能がInstagramの利用規約を遵守していないとして(App Store guidelines 5.2.2)Appleからリジェクトされたためで、実際Instagramはサードパーティ製アプリにアップロード用APIを提供していないため、Flumeは自社サイトでの公開に切替えたそうです。

Apple : We found your app contains content or features that may violate the rights of one or more third parties. Specifically, your app allows for third-party social media alterations without authorization from the relevant third parties. Your app uploads media to Instagram.

Flume leaves the Mac App Store – Flume Blog

*Flumeは利用規約を明確にしており、現在Mac App Storeに公開されている39のInstagramアプリの内、13のアプリはアップロード機能を提供していると反論したようですが認められなかったようです。

有料(Pro)版購入者は?

 AppleがFlumeをリジェクトしたことで、今後Mac App Storeで公開されているInstagramクライアントがどうなるかは分かりませんが、FlumeはMac App StoreでPro版を購入したユーザーに対し、移行ツールを組み込んだFlume for Mac v2.6を公開しており、Mac App Storeからダウンロードしたアプリがまだアプリケーションフォルダにある場合は、

公式サイト版Flumeのメニューから[設定…] → [Flumeプロ]タブ → [Mac App Storeに移動して購入]を選択することで移行ツールが起動し、名前とメールアドレスを登録すれば、最大5台のMacで利用可能なライセンスコードが送られてくるので、ユーザの方はチェックしてみてください。

アプリケーションフォルダにアプリがない場合はMac App Storeから再ダウンロードするか、レシートが必要になるそうなので、詳しくは公式ブログを確認してみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    いや、規約違反してるなら開発辞めろよ
    訴えられるぞ

    • 匿名 より:

      MacAppStoreやWindowsストアもそうだけど、世の中には数多インスタ規約違反のアプリが溢れてて、インスタはそれを見て見ぬ振りをしてユーザー数を伸ばしてるから多分開発止めるとこは少ないんじゃないかな?

      てかFaceBookに買収されてからは資本の心配なくなったし公開すればいいのにね。

  2. 匿名 より:

    API提供していないんだからなあ
    つかInstagramのコンセプトにそぐわない