GitHub、次期「Electron v1.6.3 beta」でTouch Bar APIをサポート。JSなどを利用しTouch Bar用アプリを開発可能に。

スポンサーリンク

 GitHubが、次期「Electron v1.6.3 beta」でTouch Bar APIをサポートすると発表しています。詳細は以下から。


 GitHubは本日、HTMLやJavaScriptなどを利用しアプリを開発できるフレームワーク「Electron」のv1.6.3 betaで、新しいMacBook Proに搭載されたTouch Bar用アプリを開発できる”Touch Bar API”をサポートすると発表しています。

This has landed on master and will be included in the next Electron beta release, 1.6.3, see the new docs for more details.

Support MacBook Touch Bar API · Issue #7781 · electron/electron – GitHub

 新たに追加されたTouchBarクラスではTouch Barボタンやカラーピッカー, グループ, ラベル, ポップオーバー, スライダー, スペーサーなどが利用可能になっており、スロットマシーンのサンプルコード[1, 2]やHyper用のプラグインなどが公開されているので、興味のある方は該当のIssueをチェックしてみてください。

追記

 りんだん (id:rhysd)さんがサンプルのスロットアプリを実際にビルドして動画とソースコードを公開しているのでそちらも参考にしてみてください。コメント欄でのご指摘ありがとうございます。