OpenZFS、macOS Sierra 10.12をサポートした「OpenZFS on OS X 1.6.1」をリリース。

スポンサーリンク

 OpenZFSプロジェクトがmacOS 10.12 Sierraをサポートした「OpenZFS on OS X 1.6.1」をリリース。ます。詳細は以下から。


 Oracleが開発したファイルシステム「ZFS」の後継プロジェクト「OpenZFS」は本日(2017年02月10日)、macOS Sierra 10.12をサポートしたOpenZFS on OS X 1.6.1を新たに公開したと発表しています。

OpenZFS_on_OS_X_1.6.1.dmg_2017-02-10

  • Correct zpool events -f and similar polling tasks (Jorgen Lundman)
  • Support 128G ram (and larger) systems (Jorgen Lundman)
  • zfs send corrections (OpenZFS)
  • dataset name length corrections (OpenZFS)
  • zpool iostat enhancements (ZFSOnLinux)
  • Compressed ARC (OpenZFS)
  • SPL: Memory Allocator improvements (Sean Doran)
  • 7252 compressed zfs send / receive 7628 create long versions of ZFS send / receive options (OpenZFS)
  • ZVOL boot support (ZFS boot is not recommended at this time)
  • ZFS automatic sharing (NFS/SMB/AFP) feature (Jorgen Lundman)
  • Enhance EFI partition library (Brendon Humphrey)
  • Stop swapfiles being used for pools (!) (Brendon Humphrey)
  • Sierra / xcode v8 compatibility work

Changelog – OpenZFS on OS X

 OpenZFS on OS XはOpenZFSの公式サイトおよびGitHubで公開されており、システム要件はOS X 10.8.5 Mountain Lion ~ macOS 10.12.3 Sierraで、それぞれに専用のインストーラーが用意されています。

 ちなみに、元ZFS開発者のAdam LeventhalさんはWWDDC 2016後にAppleのAPFSチームとコンタクトを取り、ZFSとAPFSを比較した詳細なレビューを公開しているので、興味のある方はチェックしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    5年遅かったな。
    Appleがマジにならなかったのが原因だけど。