iMac (非Retina/Retina 4K, 21.5inch, Late 2015)モデルに採用されているCPUまとめ。

スポンサーリンク

 iMac (21.5inch, Late 2015)モデルに採用されているCPUのまとめです。詳細は以下から。


iMac-21inch-Late2015-Intel-CPU-Table


 Appleが本日ラインナップを刷新したiMac (21.5-inch, Late 2015)モデルおよびiMac (Retina 4K, 21.5-inch, Late 2015)で採用されているCPUのスペックは以下の通り、全てBroaldwell世代のCPUに揃えられており、下位モデル以外はiGPUにIntel Iris Pro Graphics 6200を搭載しており、最大4,096×3,304解像度の外部ディスプレイが利用可能となっています。

Clock(TB) Core Cache iGPU GPU
Clock
External
Display
Link
Core
i5-5250U

(non-Retina)
1.6GHz
(2.7GHz)
2 3MB Intel HD
Graphics 6000
300MHz
(950 MHz)
最大3,840x2,160 Intel
Core
i5-5575R

(non-Retina)
2.8GHz
(3.3GHz)
4 4MB Intel Iris Pro
Graphics 6200
300MHz
(1.05 GHz)
最大4,096x2,304 Intel
Core
i5-5675R

(Retina)
3.1GHz
(3.6GHz)
4 4MB Intel Iris Pro
Graphics 6200
300MHz
(1.1 GHz)
最大4,096x2,304 Intel
Core
i7-5775R

(Retina Opt)
3.3GHz
(3.8GHz)
4 6MB Intel Iris Pro
Graphics 6200
300MHz
(1.15 GHz)
最大4,096x2,304 Intel


 下位モデルに採用されているCore i5-5250UはMacBook Air (Early 2015)モデルにも採用されているCPUで新しいiMacには不向きかもしれませんが、iMacの下位モデルは学校や会社など大量購入する顧客向けとされているためAppleはこのCPUを採用したと思われます。


MacBook-Air-Early2015-CPU

The $1,099 non-Retina iMac comes with a dual-core 1.6GHz (2.7GHz Turbo) Core i5-5250U and an Intel HD 6000 GPU, and there are no CPU upgrade options available—it’s basically a MacBook Air in an iMac’s body. The value proposition for this dual-core iMac is the same as the last-generation model: it’s good for people who simply don’t care about performance or for those who are purchasing general-purpose iMacs in bulk for companies or classrooms.

[Apple announces 21.5-inch Retina iMac with 4K display, better color gamut – Ars Technica]

 各プロセッサの詳細についてはIntelのARKサイトで並べて比較できるので、詳しく見たい方は関連リンクからARKサイトへどうぞ。

関連リンク: