iMac (Retina 4K, 21.5-inch, Late 2015)のメモリはオンボードメモリでユーザーが増設することは不可能なため、必要な場合はカスタマイズを。

スポンサーリンク

 iMac (Retina 4K, 21.5-inch, Late 2015)のRAMはユーザーが増設することは不可能となっているそうです。詳細は以下から。


All-New-iMac-4K-Display-Hero


 本日Appleは新しいiMac (Retina 4K, 21.5-inch, Late 2015)を発表しましたが、Ars Technicaの先行レビューによるとiMac Retina 4Kディスプレイのメモリ(RAM)はユーザーがアクセス出来ないようになっているそうです。

All three iMacs go from 1600MHz DDR3 RAM to 1866MHz DDR3, which will provide a small bump to general system performance and integrated graphics speed (in all models, it can be upgraded to 16GB, which you should buy if you need it because the 21.5-inch iMacs don’t have user-accessible RAM slots).

[Same design, new insides, better screen: 21.5-inch 4K Retina iMac reviewed – Ars Technica]

 また、公式サイトによると「8GB 1,867MHz LPDDR3オンボードメモリ」となっており増設可能なメモリスロット式ではないため、Ars Technicaではメモリが必要なアプリを利用するユーザーはアップグレードするよう勧めています。


iMac-onbord-memory

 *メモリにアクセス出来ないのは全iMac 21.5インチモデル共通です。

関連リンク: