クリエイティブ・コモンズ(CC0)ライセンスの写真掲載サイトUnsplashに投稿される写真を自動的にMacの壁紙に設定してくれるアプリ「Unsplash Wallpaper」が公開。

スポンサーリンク

 クリエイティブ・コモンズ 0 ライセンスの写真掲載サイトUnsplashに投稿される写真を自動的にMacの壁紙に設定してくれるアプリ「Unsplash Wallpaper」が公開。です。詳細は以下から。

Unsplash-Wallpaper-Hero

 10日ごとに10枚の高解像度写真がクリエイティブ・コモンズ・ゼロ(CC0)ライセンスで公開される”Unsplashb.hatena“というサイトがありますが、 このサイトに投稿された画像を自動的にMacの壁紙に設定してくれるアプリ”Unsplash Wallpaper”が公開されています。

All photos published on Unsplash are licensed under Creative Commons Zero which means you can copy, modify, distribute and use the photos for free, including commercial purposes, without asking permission from or providing attribution to the photographer or Unsplash.

UNSPLASH LICENSE – Unsplash

 Unsplash Wallpaperはロシア人開発者のIgor Savelevさんが公開したアプリで、アプリを起動しメニューバーアイコンの[Next wallpaper]を選択すると手動で、[Udate interval]を設定すれば1時間、12時間、24時間、1週間、2週間、1ヶ月毎に壁紙を更新してくれます。

Unsplash-Wallpaper-on-MacBook-Pro

 マルチディスプレイ別の壁紙の変更にも対応し、画像変更後には通知センターで通知、[Settings]からはショートカットキーや壁紙の縦横設定、画像を投稿したユーザーページの表示機能なども備わっているので興味がある方は関連リンクから公式サイトへどうぞ。