Dropbox、次期バージョンでブラウザ上のファイルを開くとMacのネイティブアプリでファイルを開けるようにする機能を追加。

スポンサーリンク

 Dropboxが次期バージョンアップでネイティブアプリとの連携を強化するようです。詳細は以下から。


Dropbox-on-MacBook-Hero


 この機能は「例えばSafariなどのブラウザでDropboxにアクセスし、共有されたMS Wordの書類をPC/MacのMS Wordで開きたい場合、「開く」ボタンを押すことでブラウザからネイティブアプリに切り替えて開くことが出来るようになります。」というもので現在ベータ版のDropbox v3.2.3から使用できるようになっています。


Dropbox-open-native-app2
[Gif Anime]

Over the next few weeks, you’ll start seeing an “Open” button when you preview a file on the web that already lives in the Dropbox folder on your computer. That button will open the file immediately in its native application. For example, if someone sends you a link to a Microsoft Word document that lives in one of your shared folders, you can view it in your browser first, and then click “Open” to instantly edit it in the Microsoft Word program on your desktop.

[From web to desktop: Introducing a new way to open files – Dropbox Blog]

 同様の機能は既にGoogle ChromeとGoogle Driveで提供されており、Dropboxも数週間のうちにこの機能を搭載したバージョンに自動でアップデートされるそうです。ベータ版のDropbox v3.2.3をインストールするとでこの機能をいち早く使えるので、興味のある方は関連リンクからダウンロードサイトへどうぞ。


Dropbox-v3-2-3-Hero

*Dropbox v3.2.3をインストールしてDropboxにアクセスすると[ダウンロード]が[開く]になります。

関連リンク:
From web to desktop: Introducing a new way to open files – Dropbox Blog

Mac OS 版 Dropbox をダウンロード – Dropbox

Google、Google DriveのファイルをMacのデスクトップアプリで開けるようにするChrome用Extension「Application Launcher for Drive」をリリースb.hatena

Dropbox Perfect GuideBook
大重 美幸
ソーテック社