iOS 11では32bitアプリが非サポートに?

スポンサーリンク

 Appleは今年の秋に公開予定の「iOS 11」で32bitアプリを廃止する予定ではないかという噂が出ています。詳細は以下から。


 開発者のSteven Troughton-Smithさんによると、Appleは今年秋(9月頃)にリリースを予定している「iOS 11」で32bitアプリをサポートしない方針を発表する予定のようで、加えてAppleのAプロセサが将来(パフォーマンスやダイスペースの観点から)32bitをサポートしなくなるかもしれないともコメントしています。

Apple has slowly been cracking down on 32-bit iOS apps, but it appears that it will make a drastic change come this fall. According to prominent developer Steven Troughton-Smith, Apple will drop support for 32-bit apps altogether with iOS 11. This means that many legacy apps will no longer function at all.

Apple will reportedly drop 32-bit app support entirely with iOS 11 this fall – 9to5Mac

iOS 10.3と32bitアプリ

 Stevenさんは情報元を明らかにしていませんが、Appleは先日公開したiOS 10.3で32bitアプリを使用した際に「このAppは将来のiOSのバージョンでは動かない可能性があります」という警告を表示ユーザーに注意を促しており、

Hogehogeはアップデートの必要があります。

このAppは将来のiOSのバージョンでは動かない可能性があります。Appの開発元は、互換性向上の為にこのAppをアップデートする必要があります。

iOS 10.3の警告

iOS 10.3では将来のiOSで動かなくなるかもしれないアプリを表示する機能(App互換性)が追加されているので、気になる方は設定アプリの[一般] → [情報] → [App]をチェックしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    また懐かしいアイコン持ってきたな…

    OSXの頃に比べると移行ペースが早すぎる気もするが
    今や毎年メジャーアップデートだもんな、悲しいことにどっちも

  2. 匿名 より:

    ゲームとか、32bitアプリは大量にありますが?
    開発者は旧作の64bit移行なんてしないだろ。