MacBook ProのTouch Bar上に、Appコントロールでなく常にファンクションキーを表示しておく方法。

スポンサーリンク

 MacBook Pro (Late 2016) Touch Bar搭載モデルで、アプリ別に常にファンクションキーを表示しておく方法です。詳細は以下から。

touchbarlauncher-logo-icon

 Appleが発売を始めたMacBook Pro (Late 2016)モデルのTouch Barにはアプリ独自機能を表示する「Appコントロール」という領域があり、アプリにより様々な機能を表示する事が可能になっていますが、このTouch Bar上に常に以前と変わらないファンクションキーを表示する方法がシステムに追加されています。

  • システムボタン:システムが提供するESCキーなどのボタン
  • Appコントロール:開発者が自由に設計できるアプリ独自の利用エリア
  • コントロールストリップ:ボリュームや輝度など物理ファンクションキーでコントロール出来たシステム機能

touch-bar-design-region

Touch Barにファンクションキー

 Touch Barにファンクションキーを表示するには、Touch Bar搭載モデルのMacBookで、システム環境設定アプリを開き、以下の項目へ移動。

  1. システム環境設定を開く。
  2. キーボードパネルへ移動。
  3. キーボード設定の[ショートカット]タブへ移動。
  4. [ショートカット]タブに並ぶ左側のリストから[ファンクションキー]項目を選択。

次に、+ボタンで左エリアにファンクションキーを利用したいアプリを追加していくことで、そのアプリを利用中にはAppコントロールでなく常にファンクションキーが表示されます。

using-function-keys-always-on-touch-bar-img-1

Touch BarにAppコントロールでなくファンクションキーを表示させるアプリを追加してください。

 AppleはTouch Barをファンクションキーとして利用したいユーザーに対し、Fnを押すことでファンクションキーを表示させる機能をシステム環境設定のキーボード設定に追加していますが、

using-function-keys-always-on-touch-bar-img-2

この設定を利用すればアプリ別に常時ファンクションキーを利用することが出来るので、ターミナルアプリやVim, Emacsなどを利用されている方は試してみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    FNキーを押しながらじゃなくて空打ちで表示をトグルできたらいいなーと思う

  2. 匿名 より:

    この情報を発表直後にほしかった・・・