Apple、OS X 10.10.5 Yosemiteで一般ユーザーが認証無しにrootユーザーになれるDYLD_PRINT_TO_FILEに存在する権限昇格の脆弱性を修正。

スポンサーリンク

 AppleはOS X 10.10.5 YosemiteでDYLD_PRINT_TO_FILEに存在したroot権限昇格の脆弱性を修正しています。詳細は以下から。


DYLD_PRINT_TO_FILE-Hero


 ドイツのセキュリティ企業”SektionEins”がOS X Yosemiteのdynamic linker dyld “DYLD_PRINT_TO_FILE”に一般ユーザーがroot権限を使用できる権限昇格の脆弱性が存在すると発表し、その後一般ユーザーをrootユーザーに昇格できる1 Line Commandなども提案され話題になっていましたが、




関連記事

 Appleは本日リリースしたOS X 10.10.5 Yosemiteでこの脆弱性を修正しているので、Yosemiteユーザーの方は早めのアップデートをお勧めします。


OS-X-10-10-5-14F27-DYLD-exploit

関連リンク: