Macのカラーパネルにあるイメージパレットは画像追加できるようなので使ってみた。

スポンサーリンク

 Macのカラーパネルにあるイメージパレットはドラッグ&ドロップで画像追加できるそうなのでやってみました。詳細は以下から。

 「Images and the OS X Color Picker」で紹介されていますが、Cocoaアプリのカラーパネルにあるイメージパレットは画像をパレットとして使用できるそうなのでやってみました。


Apple-Cocoa-image-Palet-Hero

 追加方法は、Cocoaアプリ(テキストエディタやプレビュー)を起動し、カラーから[カラーパネル…]>[イメージパレット]を選択して追加したい画像をドラッグ&ドロップしてやるだけです。


Preview-app-Color-Panel-1
Preview-app-Color-Panel-2

 これで他のCocoaアプリからも画像の色を参照でき、追加された画像は「~/Library/Colors」にtiffとして保存されるようです。(パレットから消したい場合はこの削除またはColorsディレクトリから消去)


Colors-Folder-Delete2

 使い方としてはカラーチャートを作成or検索して登録しておくと自分専用のカラーパネルが使い回しできて便利です。


カラーチャート

OS X Mavericks パーフェクトマニュアル
井村 克也
ソーテック社
2014-01-22


コメント

  1. Apple7743 より:

    知らなかった…あざっす!