Twelve South、Appleのワイヤレスキーボード「Magic Keyboard」とトラックパッド「Magic Trackpad 2」を接続して利用できる「MagicBridge」を発売。

スポンサーリンク

 Twelve SouthがAppleのワイヤレスキーボード「Magic Keyboard」とトラックパッド「Magic Trackpad 2」を接続して利用できる「MagicBridge」を発売したと発表しています。詳細は以下から。


 Apple製品の周辺機器などを開発&販売している米Twelve Southは現地時間2017年01月31日、Appleのワイヤレスキーボード「Magic Keyboard」とトラックパッド「Magic Trackpad 2」を接続し使用することが出来るフレーム「MagicBridge」を新たに発売したと発表しています。

Charleston, SC, January 31, 2017 – Have you ever wished that your Apple Magic Keyboard and Trackpad 2 were combined into one? With our newest accessory, MagicBridge, you can create the streamlined setup you’ve been dreaming of. […] When combined, you not only tidy up your desktop but you create one larger keyboard that’s more stable and easier to use than the pieces by themselves. MagicBridge is available now for $34.99 at twelvesouth.com.

MagicBridge: The ultimate keyboard and trackpad setup – Twelve South

 MagicBridgeは旧Appleのワイヤレスキーボード&マウス用の「MagicWand」の後継モデルで、リチウムイオンバッテリーを内蔵した「Magic Keyboard」と「Magic Trackpad 2」をサポートしており接続した状態でスイッチやLightningポートにアクセス可能。

 素材はポリカーボネート製でBlueoothの信号を遮断せず、Magic Keyboard用のライザーを左右入れ替えることでMagic Trackpad 2を左右どちらにも配置することが可能で、サイズは44.3 x 11.9 x 1.4 cm、重さは0.17 kg。

 価格はClique 2より安い34.99ドル(約4,000円)で、本日よりTwelve Southのオンラインストアで発売を開始するそうなので、興味のある方はチェックしてみてください。