AKiTiO、Thunderbolt 2とUSB 3.1(10Gbps)接続が可能なPCIe拡張ボックスをCES 2015で発表。

スポンサーリンク

 アメリカの周辺機器メーカーAKiTiOがThunderbolt 2とUSB 3.1に対応したPCIe拡張ボックスを来年のCES 2015で発表すると伝えています。詳細は以下から。


news-akitio-thunderbolt2-usb31-box


 AKiTiOはPCIe拡張ボックス「Thunder2 PCIe Box」と新たに開発したAsmediaチップ(ASM1142)を採用したUSB 3.1 SuperSpeedカードを使用し、Thunderbolt 2とUSB 3.1に対応したPCIe拡張ボックスを来年のCES 2015で展示するそうです。


 USB 3.1は2013年に策定されたUSB 3.0と後方互換性のある規格で、USB 3.0の5Gbpsの倍の最大10Gbpsのデータ転送速度となっており、リバーシブルコネクタのType-C規格なども策定されています。

SuperSpeed USB 10 Gbps uses a more efficient data encoding and will deliver more than
twice the effective data through-put performance of existing SuperSpeed USB over
enhanced, fully backward compatible USB connectors and cables. Compatibility is assured
with existing USB 3.0 software stacks and device class protocols as well as with existing 5
Gbps hubs and devices and USB 2.0 products.

[SuperSpeed USB 10 Gbps(PDF) – usb.org]

 AKiTiOが発表するPCIe拡張ボックスはこのUSB 3.1 に対応したPCIeカードを拡張ボックスに増設し、MacなどのThunderbolt 2からUSB 3.1デバイスにフルアクセスできる製品で、同様にUSB 3.1に対応したAKiTiO Neutrino Bridge 2.5インチアダプタも公開するようです。


news-akitio-thunderbolt2-usb31-adapter

関連リンク:
AKiTiO announces Thunderbolt 2 and USB 3.1 dual-interface solution – AKiTiO

AKiTiO Thunder2 PCIe Box | PCI Express Expansion Box with Thunderbolt 2 Interface – AKiTiO

USB 3.1が発表、USB 3.0からなにがどう変わる? (1/3)|ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情 – ASCII