Linux、Linux kernel 3.17でAppleのThunderboltをサポート。


 Linux 3.17がAppleのThunderboltをサポートするようです。詳細は以下から。

 今月初め(10月5日) Linux kernel 3.17がリリースされましたが、13日に公開されたLinux Kernel Newbiesのドキュメントを見ていたところ Linux kernel 3.17からAppleのThunderboltをサポートしているようです。


 Linux kernel 3.17ではドライバ関係、特にXbox OneやPlayStation 3のDualShockに搭載されたSixAxisなどのゲームコントローラー関連のドライバーがサポート/改善された他、ノートPC(ToshibaとDell)を落下してしまった場合HDDのヘッダを退避させデータを守るFFS(Free Fall Sensor)もサポートしているようですが、同様にMacに搭載されたThunderboltもサポートするようです。

 Summary: This release adds support for USB device sharing over IP, support for Xbox One controllers, support for Apple’s thunderbolt, a new sealing API that restricts operations on shared memory file descriptors that allows easier shared memory programming for developers, support for page fault tracing in perf trace, support for only using signed kernels in kexec, a getrandom() syscall for more secure random number generation, and graphic “render nodes” are no longer experimental. There are also new drivers and many other small improvements.
[Linux 3.17 – Linux Kernel Newbies]

 この話題はHacker Newsで盛り上がっており、gitを見るとIntelのThunderbolt コントローラー”Cactus Ridge“が搭載されたMacでBoot時にThunderboltデバイスが認識されるようです。

ThunderboltのホットプラグはFirmwareによって処理され、サポートされる。しかし、AppleはOSレベルでThunderboltを実行することを決めた。このFirmwareは起動時に接続されているThunderboltデバイスを初期化します。このドライバによってCactus Ridge Thunderboltコントローラー搭載のAppleのシステム(Mac)上の非デイジーチェーンで接続されたThunderboltのホットプラグが可能になります。

Thunderbolt hotplug is supposed to be handled by the firmware. But Apple decided to implement thunderbolt at the operating system level. The firmare only initializes thunderbolt devices that are present at boot time.
This driver enables hotplug of thunderbolt of non-chained thunderbolt devices on Apple systems with a cactus ridge controller.


 OS XがBSD UNIXベースなので、MacにLinuxをインストールして使用している人はあまりいないかもしれませんが、MacにLinuxをインストールしている方は使えるThunderbolt機器が広がりそうです。

Linux 3.17 – Hacker News

Linux 3.17 – Linux Kernel Newbies

Meet Linux kernel 3.17’s best new features: Xbox One controller support, laptop ‘free fall’ protection, and more – PCWorld