Touch BarをDockやアプリケーションランチャーとして利用できるアプリ「Rocket」がリリース。

スポンサーリンク

 Touch Barをアプリケーションランチャーとして利用できるアプリ「Rocket」がリリースされています。詳細は以下から。

rocket_for_touch_bar_logo_icon

 先日、新しいMacBook ProをDockやアプリケーションランチャーとして利用するアイデアを考案し、Redditでプロトタイプを公開していたデザイナー&iOSエンジニアのLazerLex(JULIAN THAYN)さんが、このアイデアを実際にアプリ「Rocket」としてリリースしたと発表しています。

rocket-quick-launcher-hero

what’s new

  • use command + ~ shortcut to activate Rocket
  • displays open applications in order of last use
  • dock button when tapped displays full dock and shows which apps are open

Rocket Release Notes — Julian Thayn

使い方

 使い方はまずRocketアプリを公式サイトからダウンロードしアプリを起動。起動するとメニューバー上にアイコンが表示され、Rocketをアクティブにするに表示されている通りCommand + ~(チルダ)キーを押します。

rocket-quick-launcher-menu

 RocketがアクティブになるとAppコントロール上に現在起動中のアプリが表示され、タッチすることでアプリをアクティブに(切り替える)することが可能で、一番左側に表示されているDockアイコンをタップするとDockに登録されているアプリが表示され、アプリを新たに起動することが可能です。

rocket-display-features

 RocketはAppleのプライベートAPIを利用しAppleのHIGにそっておらず、ユーザーによってはSpotlightやAlfredなどのランチャーやCMD+Tabでのアプリ切替の方が使いやすいという意見も出ていますが、Julianさんは今後Touch Barからアプリの終了や最小化、フォルダ表示などのクイックアクションといった機能を加えていきたいとコメントしており、無料(ドネーションウェア)で公開しているので興味のある方は利用してみてください。

追記

 9to5Macが分かりやすい動画を公開してるので、利用する方は確認してみてください。

同様の機能を持った「TouchSwitcher」というアプリも公開されています。

コメント

  1. 匿名 より:

    バーに表示させるためにコマンドチルダ…

    意味無くない?

  2. 匿名 より:

    これは使えませんw
    使った実感・・・・