Safari 10では重複したダウンロードファイルを自動的に削除する機能を搭載。

スポンサーリンク

 macOS 10.12 Sierraなどに搭載されているSafari 10は、重複ダウンロードファイルを自動的に削除する機能が採用されています。詳細は以下から。

safari-256-logo-icon

 AppleはmacOS 10.12 Sierraのリリースと同時にAdobe Flash PlayerやJavaなどのレガシィープラグインをデフォルトでOFFにしたSafari v10をYosemite ~ Sierra向けに配布しましたが、このSafari v10では重複したダウンロードファイルを自動的に削除してくれる機能が搭載されています。

safari-10-delete-duplicate-downloads

 Appleはストレージを最適化するためにSierraに「Optimized Storage」機能を採用し、インストールが終了したインストーラーを削除する機能を追加しているため、この機能もその1つのようです。

左がSafari v9.xを搭載したEl Capitan, 右がSafari v10を搭載したSierraです。

おまけ

 この機能を無効にするオプションは用意されていないため、同じファイルを複数ダウンロードしたい方はSafariの環境設定から[一般タブ] → [ファイルのダウンロード先]オプションで「ダウンロードごとに確認」オプションを有効にし、別の名前で保存してください。

safari-v10-preferences-download-option

コメント

  1. 匿名 より:

    これは便利だ。インストーラーとかよく増殖するもんなあ。