NASAや500px, Unsplashなどが公開している写真を一定時間ごとにMacの壁紙として設定してくれるユーティリティアプリ「FreshBackMac」がリリース。

スポンサーリンク

 NASAや500px, Unsplashなどが公開している写真を一定時間ごとにMacの壁紙として設定してくれるアプリ「FreshBackMac」がリリースされています。詳細は以下から。

FreshBackMac-Hero

 FreshBackMacはインドの大学でコンピューターサイエンスを学ぶArkanath Pathakさんが開発したユーティリティアプリで、以前紹介した「Irvue」や「Wallcat」の様に一定時間ごとに壁紙を自動的に変更してくれるます。

Sits in the menubar, frees you from distractions Hi-Resolution backgrounds only multiple sources to choose from Pixabay | Unsplash | 500px | NASA | Wikimedia

FreshBackMac

 使い方はアプリを起動してメニュバーアイコンから[Set Auto-Refresh Time][Change Source]を選択するだけで、後は自動的に壁紙が変更されます。また、マニュアルで壁紙を変更することも可能で、壁紙のソースとなるサイトも表示することが出来ます。

 FreshBackMacが利用している壁紙のソースはRixabay, Unsplash, 500px, NASA, WikimediaでIrvueやWallcatより選択できるソースやカテゴリが多く、無料で公開されているので興味がある方は関連リンクから公式サイトへどうぞ。

コメント

  1. Apple7743 より:

    近年すっかり見なくなった・気にしなくなったもの
    ・壁紙
    ・スクリーンセーバー