Apple、新しいSiri RemoteコントローラーやtvOSを搭載したApple TVを発表。

スポンサーリンク

 Appleは今日サンフランシスコで行われたスペシャル・イベントで新しいSiri RemoteコントローラーやtvOSを搭載したApple TVを発表しています。詳細は以下から。


AppleTV-A8-Hero2


tvOS

 新しいApple TVではtvOSが搭載され、サードパーティ製アプリのインストールが可能になっており、tvOS向けアプリを開発できる”Apple TV Developer Kit“も同時に公開されています。tvOSはAppleが開発しているグラフィックスAPI”Metal”にも対応しているため、基調講演ではゲームアプリを中心にデモが行われました。


tvOS-Developer

Siri Remote

 Apple TV用リモートコントローラー”Apple Remote”は新しく”Siri Remote”とになり、加速度センサーとジャイロスコープを搭載しゲームコントローラーとしても利用可能。またtvOSでApple TVに新たに採用される音声アシスタント機能Siriを呼び出し番組検索や早送りなどの操作、天気予報、スポーツの試合結果などの表示も音声で行うことが出来ます。


55
 5556

 また、Siri RemoteのスペックはBluetooth 4.0, 音声コントロール, 加速度およびジャイロ機能などで、充電にはLightningコネクタを利用し、1回の充電で約3ヶ月利用可能だと説明しています。


12

インターフェイス

 インターフェイスについては従来のままですが、Apple A8チップを搭載し Bluetooth 4.0, IEEE 802.11ac Wi-Fi(MIMO)などスペックアップを図っています。


 37
37

サードパーティ製コントローラー

 新しいApple TVではサードパーティ製コントローラーも利用可能になっており、Apple TVの公式サイトではSiri Remoteと共にSteelSeries社の”SteelSeries Stratus XL“が紹介されています。


SteelSeries-Stratus-XL

サイズと価格や発売日

 サイズは今までのApple TVより一回り大きい33x98x98 mm、価格は32GBモデルが149ドル、64GBモデルが199ドルで発売日は10月下旬と発表されているので、予約などはもう少し先になるようです。


AppleTV-size
4143

関連リンク: