Flying Meat、Mac用ベクタードロワーアプリ「Acorn」のv5をリリース。2週間試用可能なトライアル版も配布中。

スポンサーリンク

 Flying Meat Inc.がMac用ベクタードロワーアプリ「Acorn」のv5をリリースしています。詳細は以下から。

Acorn v6のアイコン。


 Flying Meat Inc.が2007年から開発を続け、Mac App Store Best of 2013も受賞したMac用ベクター・ドロワーアプリ”Acorn”の新バージョンとなるv5.0をリリースしています。

 リリースノートによるとv5.0では数百に及ぶBug fixや、新しいブラシツールやPDFのインポート、ExifやIPTCなどのメタエディタ編集機能、そしてShapeレイヤーをバッチ処理できる新しい機能”Shape Processor”が搭載されています(以下、Shape Processorのデモ動画)。

Shape Processors are filters for shape layers, which will move and tweak and generate and adjust shapes for you. And best of all, they are non-destructive and stackable (just like Acorn’s filters). So you can add a bunch, tweak, save, close, and come back later if you change your mind.

[Acorn Release Notes – Acorn]

 Acorn 5からシステム要件がOS X 10.10 Yosemite以上に設定されていますが、Flying Meat Inc.の公式サイトでは2週間(14日間)限定で全ての機能が試用可能なトライアル版も同時に配布開始しているので、興味がある方は関連リンクからどうぞ。

Acorn5-on-MacBook

関連リンク: