Apple、Apple Software UpdateでWindows 10に対応したBoot Camp 6の提供を開始。キーボードバックライトの待機時間設定などが新たに追加。

スポンサーリンク

 AppleがApple Software UpdateでWindows 10に対応したBoot Camp 6の提供を開始しています。詳細は以下から。


BootCamp-v6-Hero


 Appleは本日”Boot Campを用いてMacでWindows 10を使用する方法”というサポートページを公開するとともにApple Software Updateで一足早く”Boot Camp 6″の配布を始めたようです。


Apple-Software-Update-Boot-Camp-6-Update

 以前Windows 8.1からWindows 10へアップグレードしたMacBook Pro RetinaのBoot Campを早速アップデートしてみたところ、新たに複数のドライバーがアップデートされた他、Boot Campコントロールパネルに「キーボードのバックライトを発光した状態でコンピュータが待機する時間の設定」というオプションが追加されていました。


BootCamp6-Keyboard-backlight2

 また、AppleによるとBoot Camp 6ではUSB 3やMacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)のUSB-C、Thunderbolt、SDXCカードスロット、マウス、トラックパッド、キーボードのドライバがアップデートされるとの事なのでBoot CampでWindows 10を使用している方はアップデートしてみてください。(*サポートページではまだ”Boot Camp 6″は公開されていない様なので、必要な方は”Apple Software Update”からどうぞ)


BootCamp-Downloads-Hero

関連リンク: