Apple、Mac mini (Late 2012)向けにスリープ復帰後USBキーボードが認識されなくなる不具合を解決する「EFI Firmware Update v1.8」をリリース。

スポンサーリンク

 Apple、Mac mini (Late 2012)向けにスリープ復帰後USBキーボードが認識されなくなる不具合を解決する「EFI Firmware Update v1.8」をリリースしています。詳細は以下から。


Mac-mini-Late2012-EFI-UPdate


 Appleが先ほどリリースした「Mac mini EFI Firmware Update v1.8」ではMac mini (Late 2012)でシステムスリープ解除後にUSBキーボードが認識されなくなる不具合が修正されるとしており、該当するMac mini (Late 2012)にはMac App Storeを通して既に配布場始まっているそうです。


Mac-mini-EFI-Firmware-Update-v18

このアップデートは、Mac mini(Late 2012)機種に推奨されます。このアップデートでは、システムのスリープ解除後に USB キーボードが認識されなくなる問題が解決されます。

[Mac mini EFI Firmware Update 1.8 – Apple]

 また、Mac RumorsによるとMac mini (Late 2012)へのEFIアップデートは発売当初「Mac miniがブラックアウトする」として話題になった「Mac mini EFI Firmware Update 1.7」続き2回目となるそうです。

このアップデートは、Mac mini(Late 2012)コンピュータでの HDMI ビデオのちらつきの問題を解決するもので、すべてのユーザに推奨されます。

Mac mini EFI ファームウェア・アップデートでは、お使いのコンピュータの EFI ファームウェアがアップデートされます。

コンピュータの電源コードは、電源が供給されているコンセントに接続されている必要があります。Mac mini が再起動すると、グレイの画面にアップデートの進行状況を示すステータスバーが表示されます。アップデートが完了するまで数分かかります。アップデート中は、Mac mini で別の操作をしたり、電源を切ったりしないでください。

[Mac mini EFI Firmware Update 1.7 – Apple]

追記

 コメント欄で指摘していただいたのでDistributionファイルを確認したところ、このアップデートはMac mini (Late 2012)の中でも以下の2つのモデルにのみ適用される様です。

  • Mac-F65AE981FFA204ED
  • Mac-031AEE4D24BFF0B1


Mac-mini-EFI-Update-v18-Distribution

 アップデートはMacのBoard IDとEFIのVersionで判断しているので様なので、調べたい方は以下のioregコマンドを使用して調べることが出来ます(画像はMacBook Airの例です)


ioreg-macbook-air-bord-id2

ioreg -l -p IODeviceTree | grep board-id

関連リンク:

07月17日 04時55分:誤記修正しました、コメント欄でのご指摘ありがとうございます。

コメント

  1. Apple7743 より:

    Mac mini 2012持ってるのにアップデートされないんだけど(´・ω・`)…
    PKGダウンロードしても「お使いのマシンにはこのアップデートは必要ありません。」だって(´・ω・`)…
    Mac mini 2012なのに(´・ω・`)…

  2. Apple7743 より:

    追記のEFIバージョン適用前じゃなくて適用後なんだけど(´・ω・`)

  3. Apple7743 より:

    修正してくれたの有り難いけど超今更…
    もう買い替えちゃったよ(´・ω・`)

  4. Apple7743 より:

    アップデートして30分くらい使ってたら強制再起動くらったよ
    これ大丈夫かよ…

  5. Apple7743 より:

    入れてからネットに繋がらなくなって焦った。