NeatとRocksでスタイルを使い分けることが出来るMacとiOSに対応予定のMarkdownエディタ「Whiskey」がベータ版を配布中。

スポンサーリンク

 MacとiOSに対応予定のモダンなMarkdownエディタ「Whiskey」がベータ版をリリースしています。詳細は以下から。


Whiskey-Markdown-Editor-on-MacBook


 WhiskeyはブログプラットフォームGhostb.hatenaに買収された、Markdown記法のブログサービスRoomb.hatenaの設立者Sam Soffesさんが今年初めから開発してきたMarkdownアプリ。




 シンプルなワンカラムウィンドウですが、HTMLエクスポート、アウトラインビュワー、Neat(ウィスキーをストレートで飲むこと)とRocks(氷を入れて飲むこと)のスタイルが選択可能で、NeatはMarkdown記法の発案者Gruberb.hatenaに準じ、RocksはGitHub Flavored Markdown拡張b.hatenaに準じているそうです。


Whiskey-Markdown-Editor-Neat-and-Rocks

 現在はベータ版で日本語などのマルチバイト文字が見えませんが、今後対応していくようです。

関連リンク:
A modern Markdown app from Nothing Magical for Mac & iOS.b.hatena – Whiskey

ライブプレビュー、Table補助入力、コードハイライトなど様々な機能を備えたMac用 Markdownエディタ「Typora」がα版をリリースb.hatena

Markdownプレビューやファイルブラウザ、タブ機能を備えたVimベースのMac用エディタ「VimR」がリリースb.hatena