「Jobsの部屋はまだ残っている」Tim Cook CEOがインタビュー番組に出演しBeats買収、AppleTVについて語る。

スポンサーリンク

 AppleのTim Cook CEOはブルームバーグTVのインタビュー番組”Charlie Rose”に出演しSteve Jobs氏のオフィスやAppleTVについて語ったそうです。詳細は以下から。

 ブルームバーグTVのインタビュー番組”Charlie Rose”は政治家、スポーツ選手、芸能人、学者などがCharlie Rose氏のインタビューに答える番組ですが、AppleのTim Cook CEOがこの番組に出演し、現在のSteve Jobs氏のオフィスやBeats Electronicsの買収、AppleTVについて答えたそうです。


Tim-Cook-Charlie-Rose-Hero


Steve Jobsについて

 Tim Cook CEOはSteve Jobs氏について「JobsはAppleのDNAだ、Appleは常に彼の精神とともにある。」と答え、さらに「私は文字通り(”think about him”)彼について毎日考えているし、彼の4階のオフィスはまだそのまま残っていて、ドアにはまだ彼の名前(ネームプレート)が付いている」と語っています。




AppleTVについて

 Tim Cook CEO曰く「テレビについては大きな関心を持っています、言葉を慎重に選びますが。テレビは1970年代で止まっている。あなたが変わってもTVはそのままで、インターフェイスも酷い。」と答え、



それに対しCharlie Rose氏は「それではなぜそれを修正しないのですか?」と質問し「将来やることに踏み込みたくないが、現在AppleTVユーザーは2000万人以上おり、我々の趣味(試み)のレベルを超えている。今年もコンテンツを追加したし多くのことが出来るでしょう。しかしAppleTVはまだ検討を継続するレベルにある。」と答えています。

Beatsの買収について

 最後にBeatsの買収に話が及び「Jimmy IovineとDr. Dreは創造の天才だ。ある夜、彼らと話していると、不意に彼らは私と全く違うこと(考え)に気がついた。それを説明するのは難しいが、その夜私は眠れなかった。サブスクリプションサービスのBeats Musicと、ユーザーによるキュレーションを持つBeats MusicはAppleに必要だ。」と語っています。




関連リンク:
Steve Jobs’ office at Apple is still exactly how he left it – Quartz

Tim Cook Speaks on Steve Jobs, Apple’s Interest in TV, and Beats Acquisition in New Interview – Mac Rumors