Bluetooth LE対応のMacからiOSデバイスへテキストやファイルを転送できるアプリ「Scribe for Mac」が無料化されたので使ってみた。

スポンサーリンク

 Bluetooth LE対応のMacからiOSデバイス間へテキストやファイルを転送できるアプリ「Scribe for Mac」が無料化されたので使ってみました。詳細は以下から。

 ScribeはBluetooth LE対応のMacとiOSデバイス間でファイルやテキストを転送できるアプリです。
以前まではiOSアプリが無料でMacアプリが有料(300円)でしたが今回逆になりiOSアプリだけダウンロードしてあったのでMac版をダウンロードして使ってみた。


Scribe-MacBookAir-iPhone5c

使い方は

1.ScribeをインストールしたMacとiOSデバイスのBluetoothをONに

2.MacとiOSデバイスのScribeを起動して、メニューバーの表示が[Connected]になったらiOSアプリ側のScribeをスワイプ。

3.MacからiOSデバイスへコピーしたいURLやファイルが決まったら「Command+Shift+X」を押せばScribeのルートリストが表示されます。


iPhoneとMac-Scribe-Description1

 Version1.1からApp Routeに対応し、「Command+Shift+X」を押すと[Roules]ポップアップが現れ、iOSデバイスで操作しなくてもRouteを選択するだけでURLをSafariで開いたり、Tweetしたりすることが可能です。


iPhoneとMac-Scribe-Description2

Scribe-Device

*対応しているMacは
Mid 2011以降のMacbook Air
Late 2012以降のMacBook Pro
Late 2012以降のiMac
Mid 2011以降のMac mini
Late 2013以降のMac Pro

対応しているiOSデバイスは
iPhone 4S以降のiPhone
iPad 3G以降のiPad
全てのiPad mini
第5世代以降のiPod Touch

Scribe for Mac 300円 → 無料

Scribe – Copy anything from your Mac to your iPhone
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料
リリース日: 2014/01/16

Scribe for iPhone 無料 → 300円

Scribe – Copy anything from your Mac to your iPhone
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥300
リリース日: 2014/01/16