Apple、開発者向けに「macOS High Sierra 10.13 beta 5 Build 17A330h」などを公開。

スポンサーリンク

 Appleが開発者向けに「macOS High Sierra 10.13 beta 5 Build 17A330h」などを公開しています。詳細は以下から。

SDKのアイコン。

 Appleは現地時間2017年08月07日、今年の秋にリリースを予定しているAppleデバイス用OS「macOS 10.13 High Sierra」や「iOS 11」の5th Betaを開発者向けに公開したと発表しています。

macOS 10.13 High Sierra beta 5 Now Available

New Beta Downloads Now Available
August 7, 2017
A new beta of Xcode 9 is now available, and includes Swift 4 and SDKs used to build apps with the latest innovations and powerful capabilities in macOS, iOS, watchOS, and tvOS.

  • Xcode 9 beta 5 (9M202q)
  • macOS High Sierra 10.13 beta 5 (17A330h)
  • iOS 11 beta 5 (15A5341f)
  • watchOS 4 beta 5 (15R5345g)
  • tvOS 11 beta 5 (15J5347f)

News and Updates – Apple Developer

 macOS 10.13 High Sierra beta 5では暗号化されたAPFSボリュームを復号化出来ない不具合が修正されMac Pro Mid 2012でもAPFSボリュームがサポートされた他、Appleの写真アプリ、Safari、Touch Barなどの不具合が修正されているので、開発者の方はチェックしてみて下さい。

macOS 10.13 High Sierra betaカレンダー

 High SierraのBeta版のリリース日は以上の通りで、AppleはXcode 9 beta 5 (9M202q), iOS 11 beta 5 (15A5341f), watchOS 4 beta 5 (15R5345g), tvOS 11 beta 5 (15J5347f)も同時にアップデートしているので開発者の方はチェックしてみて下さい。

おまけ

 AppleはmacOS 10.13 High Sierra beta 4から、それまでオプトインで提供していたシステムボリュームのAPFS変換オプションを廃止し、対応するMacはシステムボリュームをHFS+からAPFSへ自動的に変換するようになっていおり、このプロセスはbeta 5でも変わっていなかったので、これからHigh Sierra betaをインストールまたはアップグレードされる方は注意して下さい。