日本デザインセンター、日本語を書くことに主軸を置いたmacOS用文章作成アプリ「stone」をリリース予定。

スポンサーリンク

 日本デザインセンターが日本語を書くことに主軸を置いたmacOS用文章作成アプリ「stone」をリリースする予定があると発表しています。詳細は以下から。

Mac App Storeのロゴ

 日本デザインセンターは2017年08月01日、日本語を書くことに主軸を置いたmacOS用の文章作成アプリ「stone(ストーン)」をまもなく販売する予定があると公式サイトで発表しています。

stone(ストーン)は、日本語を書くことに主軸を置いた文章作成アプリケーション。清らかな気持ちで文章を書く。そのために機能は極力そぎ落とし簡潔に、画面はシンプルで、文字が美しくつづられる、「素」のノートに徹しました。書かれることを静かに待つかのように、凛と佇むスクリーン。これまでにない書き心地のstoneは、あなたからどんな言葉を引き出すでしょうか。

stone – 書く気分を高めるmacOS用テキストエディタ – Nippon Design Center, Inc.

 stoneは書体や文字の大きさの変更に加え、縦書き/横書きの変更, 文字の空き, 一行の文字数などが変更可能で、設定した書式は「設定リスト」に保存され、「小説」や「雑誌」、「手紙」といった書式のプリセットも用意されているそうです。

stoneエディタ

stoneの販売開始日は明らかになっていませんが、価格は3,000円で発売前レビューも募っているそうなので、興味のある方は参加してみて下さい。

おまけ

 stoneはMarkdownをサポートしていないようですが、TidBITSが昨月行ったMarkdownエディタの人気投票によると、この分野ではBBEditやByword, Ulysses, Bear, iA Writerなどのユーザーが多く、BBEditおよびUlyssesは評価が4以上とユーザーはそのアプリが必須アプリとなっているようです。

macOS用Markdownエディタのランキング

評価は5段階評価で”1″が「使わない」 で”5″が「このアプリ無しでは生きていけない」となっており、投票数は2200票近く。