Adobe、Appleなどと協力しFlash Playerのアップデートと配布を2020年末までに終了すると発表。

スポンサーリンク

 AdobeがAppleやFacebook, Googleなどと協力しFlash Playerのアップデートと配布を2020年末までに終了すると発表しています。詳細は以下から。

Adobe Flash Playerインストーラー for Macのアイコン

 Adobeは現地時間2017年07月25日、同社が開発&配布しているAdobe Flash Playerの配布およびアップデートを2020年末までに終了し、Flashを廃止(EOL:End-of-life)していく計画を新たに発表しています。

Given this progress, and in collaboration with several of our technology partners – including Apple, Facebook, Google, Microsoft and Mozilla – Adobe is planning to end-of-life Flash. Specifically, we will stop updating and distributing the Flash Player at the end of 2020 and encourage content creators to migrate any existing Flash content to these new open formats.

Flash & The Future of Interactive Content – Adobe

 Flashの廃止はここ数年の間に各ブラウザがサポートしてきたHTML5やWebGL, WebAssemblyなどのオープンスタンダード化に伴うもので、現在ではAppleを始め既に多くのブラウザベンダーがプラグイン機能をデフォルトで無効にし、プラグインに否定的となっているため、

Safari 10でOFFになったレガシィプラグイン

AppleはSafari 10でAdobe FlashやJava, Silverlight, QuickTimeといったレガシィープラグインがデフォルトで無効化しています。

Adobeは2020年末でのFlash廃止を決定したようで、具体的には2020年末でFlash Playerのアップデートおよび配布を中止し、既存のFlashコンテンツについては新しいフォーマットに切り替えるよう製作者に働きかけるそうで、この計画にはAppleおよびFacebook, Google, Microsoft, Mozillaなどが協力し、各社は以下の様な声明を出しています。

  • Apple : Adobe Announces Flash Distribution and Updates to End
    • iPhoneやiPad, iPod TouchはFlashをサポートしていません。
    • Macは2010年からSafariにFlashがプリインストールされていません。
    • 現在のSafariはユーザーがFlashをインストールしてもデフォルトで無効となっています。
    • SafariはFlashに代わるWebGLやWebRTC, WebAssemblyなどの技術をサポートしていきます。

  • Facebook : Migrating Games from Flash to Open Web Standards on Facebook
    • Facebookはゲーム開発者に行っているHTML5への支援を続け、現在では200以上のHTML5が我々のプラットフォームで利用できます。
    • Facebookでは2020年までFlashが利用できますが、開発者は各ブラウザベンダーが設定したタイムラインに従う事をお勧めします。

  • Google : Saying goodbye to Flash in Chrome
    • 3年前まではFlashを利用しているGoogle Chromeユーザーは80%だったが、現在は17%ほどしかいない。
    • 現在はFlashより電力効率がよくセキュリティ的にも安全な技術が構築されている。
    • Googleは今後数年間で段階的にChromeでのFlashサポートを終了し、2020年末には完全にFlashをChromeから排除します。

  • Microsoft : The End of an Era – Next Steps for Adobe Flash
    • 2017年末~2018年にかけてMicrosoft Edgeは初めて訪れたサイトでFlashが利用されている場合許可を求めるようにします。Internet Explorerについては引き続きFlashの実行を許可します。
    • 2018年中旬~後半にはMicrosoft Edgeが各セクションでFlashの実行許可を要求するようにアップデートします。Internet Explorerについては引き続きFlashの実行を許可します。
    • 2019年後半にはMicrosoft EdgeおよびInternet ExplorerでFlashをデフォルトで無効にします。
    • 2020年後半にはMicrosoft EdgeおよびInternet ExplorerでFlashを完全に削除し、ユーザーはFlashを利用できなくなります。

  • Mozilla : Firefox Roadmap for Flash End-of-Life
    • 2019年には、ほぼ全てのユーザーのFirefoxはデフォルトでFlashが無効になります。
    • Firefox Extended Support Releaseのみ2020年末までFlashを実行できます。

 AppleはiOSデバイスでAdobe Flash Playerなどのプラグインを採用せず、Macでは早い段階でFlashを無効化し、脆弱性が発見されたFlash PlayerをXProtectでブロックしているため、他のプラットフォームと比較してFlashを利用しているユーザーが少ないと思いますが、まだ利用されている方は各Webサイトの対応をチェックしてみて下さい。

コメント

  1. 匿名 より:

    めでたい