Siriに話しかけず、タイプ入力できる「Type to Siri」はiOS 11でも利用可能。

スポンサーリンク

 Siriに話しかけず、タイプ入力でSiriを起動&利用することが出来る「Type to Siri」はiOS 11でも利用可能になるようです。詳細は以下から。

High SierraのSiriアイコン

 Appleは現在Betaユーザー向けに公開しているmacOS 10.13 High Sierra betaで、アクセシビリティ機能の1つとしてAppleの音声アシスタント「Siri」を話しかけず起動&利用することが出来る”Type to Siri“機能をテストしていますが、9to5Macによると、この機能はiOS 11にも導入されるそうです。

macOS 10.12とiOS 10のSiriのタイプ入力

Type to Siri is a handy new feature that allows you to continue using the virtual assistant in situations where you can’t talk or need to be more discreet.

iOS 11: How to turn on Type to Siri – 9to5Mac

 iOS 11のType to Siri機能はmacOS 10.13と同じくアクセシビリティ機能の1つとして提供され、設定アプリから[一般] → [アクセシビリティ] → [Siri] → [Siriにタイプ入力]をONにすることでSiriを無言で利用できるようになるので、betaユーザーの方は試してみて下さい。

iOS 10のSiriのタイプ入力

“Type to Siri”機能をONにするとホームボタン長押しで表示されるSiriへの音声入力は出来なくなりますが、”Hey Siri”機能からの音声入力は可能なので、Siriの音声及びタイプ入力の併用も出来るそうです。

コメント

  1. 匿名 より:

    機械に話し掛けるのがどれだけ奇妙な事かをようやく認識したのかな。