Apple、Gatekeeper Configuration Data v113へアップデート。

スポンサーリンク

 AppleがGatekeeper Configuration Data v113へアップデートしています。詳細は以下から。

AppleのGatekeeperアイコン

 Appleは現地時間2017年06月20日、Appleの認証を受けた開発者署名が添付されていないアプリを抑制するGatekeeperのConfiguration Dataをv113へアップデートしています。

Gatekeeper Configuration Data v113

 2017年になってからのGatekpeerのアップデートは今回で6回目となっており、アップデートの詳細は不明ですが、このアップデートではSQLデータ”gkopaque.db”がアップデートされ、OS X 10.8 Mountain Lion ~ macOS 10.12 SierraのmacOS/OS Xに配布されているので、気になる方は以下のdefaultsコマンドやCritical Updatesアプリでチェックしてみてください。

  • Gatekeeperのバージョン
  • defaults read /private/var/db/gkopaque.bundle/Contents/Info.plist CFBundleShortVersionString

Gatekeeperのアップデート履歴 (2017)

  • 2017年01月25日 : Gatekeeper Configuration Data v108
  • 2017年03月23日 : Gatekeeper Configuration Data v109
  • 2017年03月29日 : Gatekeeper Configuration Data v110
  • 2017年05月12日 : Gatekeeper Configuration Data v111
  • 2017年06月03日 : Gatekeeper Configuration Data v112
  • 2017年06月20日 : Gatekeeper Configuration Data v113

おまけ

 先日確認されたMacRansomMacSpyには開発者署名が無いため、Gatekeeperにより実行が抑制されています。

GatekeeperによりブロックされたMacRansom