OWC、Thunderbolt 3対応のeGPUエンクロージャー「Helios FX」などを発表。

スポンサーリンク

 OWCがThunderbolt 3対応eGPUエンクロージャー「Helios FX」などを発売すると発表しています。詳細は以下から。


 アメリカのサードパーティ製メーカーOWCは現地時間04月22日からラスベガスで開催されるNAB Show 2017にて以下のThunderbolt 3対応製品を展示すると発表しています。

Need the speed to create and the capacity to dream? You’re going to want to stop by Booth #SL8905 at the NAB Show.

A New World of Speed: OWC Innovation on Full Display at NAB – OWC Blog

Mercury Viper

 OWCの外付けストレージブランドMercuryシリーズのThunderbolt 3対応版でAJA System Test 5KベンチマークでRead/Writeとも4,000MB/sec以上の性能を出しているようです。

Mercury Viper: Portable Thunderbolt 3 SSD with groundbreaking data transfer speeds (see image above)

A New World of Speed: OWC Innovation on Full Display at NAB – OWC Blog

ThunderBay 6

 Thunderbolt 3に対応し、SoftRAIDをサポートした6ベイのRAIDエンクロージャー。発売は2017年後半。

Envoy Pro EX Thunderbolt 3

 バスパワー駆動が可能なポケットサイズのThunderbolt 3対応SSD。容量は240GBから。

Mercury Helios 3

 Thunderbolt 3ポートを2つ搭載し、6台までのデイジーチェーンが可能なHalf-length/Full-Height PCIeカード対応のエンクロージャー。発売は2017Q2。

Helios FX

 グラフィックカードに対応したThunderbolt 3 eGPUエンクロージャー。MacBook Pro Late 2016の対応や発売時期は記載されていません。

OWC DEC

また、OWCはMacBook Proの底面にストレージやインターフェイスを増設できる拡張ドック「OWC DEC(関連情報)」に関しても開発版を展示、追加情報を公開するようです。