Readdle、ラベルやフォルダ管理機能を追加/改善したMac用メールクライアント「Spark for Mac v1.2」をリリース。

スポンサーリンク

 Readdleがラベルやフォルダ管理機能を追加/改善したMac用メールクライアント「Spark for Mac v1.2」をリリースしています。詳細は以下から。


 米&ウクライナのソフトウェア会社Readdle Inc.は11月末にリリースしたMac用メールクライアント「Spark for Mac」をv1.2へアップデートし、新たにラベル機能を追加し、フォルダ管理機能を改善したと発表しています。

What’s New in Version 1.2.0

Spark for Mac 1.2 is a massive upgrade that brings order to your inbox. Labels, folders, smart search and dozens of other improvements will make you love email again.

  • Introducing Labels. We know how powerful labels can be while managing a busy/shared inbox. We believe that we’ve finally found the best solution; so, if you’re using labels in your workflow, please go to Preferences > enable ‘Show Labels in list.’
  • Reinvented Folder Management to put your inbox in order. You can choose which folders are displayed on the sidebar and reorder folders with drag and drop.
  • Extensive Folder management options: Color Tags, Recents, Favorites and Smart Folders with natural language filters (i.e. “Emails from Alex with PDF files”).
  • Added Message count for Folders. This feature will be especially useful if you’re using mail rules to sort your emails. Now you can see how many unread emails you have in each folder. To enable this feature, go to Preferences > Message count for other folders > New Emails/All Emails.
  • Improved Smart Search. You can use “OR” to get results from several emails or several folders at the same time (e.g. just type “from a.dumbledore@hogwarts.edu or m.mcgonagall@hogwarts.edu’).
  • Draft emails can be saved manually now
  • Contacts suggestions in the “To” field work much better now
  • Redesigned BCC options in Settings.

Spark – Love your email again – Mac App Store

Labels

 新たに追加されたラベル機能はGmailのラベル機能をサポートし、利用するにはまず[Preference] → [General]タブ → [✅ Show Labels in list]を有効にします。

 次にGmailでラベル分けをしたいメールにラベルを設定すれば、Sparkのリスト表示とメールの詳細にラベルが表示されます。(Sparkにラベルの設定機能はありません)

Folder Management

 改善されたフォルダ管理機能は[Preference]の[Folders]タブにアクセスしなくても、サイドバーに表示されているフォルダを並び替えすることが可能で、コンテキストメニューからフォルダカラーも変更することが可能です。

 また、[Preference] → [General]タブには新たに「Message Count」追加されており、フォルダ内にある全メール数/未開封のメール数を表示することが出来ます。

自然言語処理を使用したスマートフォルダもカラーやメール数表示が出来ます。

Smart Search

 スマートサーチ機能は現在のところ日本語はサポートしていないようですが、Sparkの検索ウィンドウで「OR」と「AND」演算子を利用しスマートサーチの条件を絞り込むことが可能になっています。

with document attachments AND/OR...
with the png attachment AND/OR...
image attachments AND/OR...
this week AND/OR...

 Spark for Mac v1.2ではこの他ドラフトメールをユーザーがマニュアルで保存する機能や、日本語の取扱、使用メモリ/CPUの削減、古いメールのロード時やTouch Barカスタマイズ時にSparkがクラッシュ不具合などが修正されているそうです。

 Readdleが公開しているSparkシリーズは現在Mac/iPhone/iPad版がリリースされており、公式サイトおよびApp Storeから無料でダウンロード&利用することが出来るので、興味のある方はチェックしてみてください。