MacBook Pro Late 2016は電力使用量が前モデルと比較して優れており、macOS Sierraは外部バッテリーパックをサポートしているもよう。

スポンサーリンク

 MacBook Pro Late 2016はアイドル状態の電力使用量が前モデルと比較して優れており、macOS Sierraは複数の外部バッテリーパックをサポートするように設計されているそうです。詳細は以下から。


 Appleが昨年10月に発売したMacBook Pro Late 2016シリーズは当初バッテリー駆動時間がAppleの仕様と合わず、この問題をConsumer Reportsが取り上げ、その後AppleはmacOS 10.12.2~10.12.3で輝度の調整機能を追加し、Safariの不具合やiGPU/dGPUの自動グラフィックス切り替え機能の問題を改善し、

PCWorldの調査ではmacOS 10.12.3へアップデートしたMPB Late 2016 15インチモデルのSafariブラウジングを用いたバッテリー駆動時間テストは、macOS 10.12.2の約3倍まで改善しているそうですが、

2012年からメニューバー用バッテリーユーティリティ「Battery Guru」を開発しているニュージーランドのBen SlaneyさんはMBP Late 2016のバッテリー駆動時間をバッテリー効率の観点からコメントし話題になっています。

アイドル時の電力使用量

 MacBook Pro Late 2016は前モデルと比較して約25%もバッテリー容量を小さくしているものの、前モデルと同程度のバッテリー駆動時間を可能にしていることについてSlaneyさんは、AppleがLate 2016モデルからアイドル時のバッテリー使用率を大幅に削減しているためだとコメントし、

MBP
Early 2015
13インチ
MBP
Mid 2015
15インチ
MBP
Late 2016
13インチ
MBP
Late 2016
15インチ
バッテリー容量 74.9 Wh 99.5 Wh 49.2 Wh 76 Wh
バッテリー駆動時間 10時間 9時間 10時間
技術仕様 Link Link Link Link

I don’t know exactly what Apple or Intel have done right, but the power drain under low usage conditions is now around half of that that the previous MBP’s.I drew accustomed to seeing 900 milliamps at the very least being drawn at any given point on previous MBP’s, and the power draw would more frequently sit at around 1500-2000 mA. Now I see it happily sitting at 500 mA for minutes at a time.

New Macbook Pro power efficiency & time remaining – Mac Daddy

MBP Late 2016 15インチモデルの消費電流が前モデルの900mAから500mAまで引き下げられていることをBattery Guruで確認したそうです。これは13インチモデルでも同様で、手持ちのMBP Early 2015/Late 2016 13インチモデルでアイドル時の消費電流をチェックしてみても約半分程度になっています。

 MBP Late 2016のバッテリー効率が改善されているのはCPUがBroadwellからSkylakeへ変更されたことなどが起因していると思われるため、さほど新しい情報ではありませんが、Slaneyさんは加えてMBPのバッテリーパックの可能性を見つけたそうです。

バッテリーパックをサポート?

 Appleは先日、macOS Sierraに使用されているオープンソース関連のコードを新たに公開しましたが、Slaneyさんはこの中にAppleがiPhone向けに販売しているSmart Battery Caseケースの様な外部バッテリーパックをサポートしたコードを発見したそうです。

Also of note is that it’s coded to support multiple batteries, and that it loops through both external battery pack(s) as well as the internal battery to calculate the percentage remaining. So, if Apple were to release an external battery it would already be fully supported by the operating system.

New Macbook Pro power efficiency & time remaining – Mac Daddy

 このコードはAppleがiOSのコードをそのままmacOSへ流用したため、共有されているのではないかという意見もありますが、SlaneyさんはAppleがUSB-Cを採用したMBPを発売したことで、AppleのみならずサードパーティメーカーもMacBook用のバッテリーパックを開発&販売出来るため、AppleはOSレベルでこれをサポートするのではないかと予想しています。

With the advent of USB-C, which makes high quality power banks for a laptop more feasible than ever before, and by having read through their source code for the power management, my prediction is that Apple will be releasing an external battery pack soon. And even if they don’t, third party manufacturers certainly will be.

New Macbook Pro power efficiency & time remaining – Mac Daddy

コメント

  1. 匿名 より:

    大変興味深い話だな。

  2. 匿名 より:

    バッテリーパックなのかー

  3. 匿名 より:

    MagSafeは開放しなかったのにな

    USB-C1本に絞ったのはライセンスで稼ぐ側面もあったということか