Apple、YosemiteやEl Capitan向けに「Safari 10.0.3」および「iTunes 12.5.5」をリリース。

スポンサーリンク

 AppleがOS X 10.10 YosemiteやOS X 10.11 El Capitan向けに「Safari 10.0.3」および「iTunes 12.5.5」をリリースしています。詳細は以下から。


 Appleは本日、「macOS 10.12.3」や「iOS 10.2.1」などと共にmacOS/OS X向けに安定性、互換性、およびセキュリティを改善した「Safari 10.0.3」およびパフォーマンスを改善した「iTunes 12.5.5」を新たにリリースしています。

Safari 10.0.3

 Safari 10.0.3はOS X 10.10 Yosemite ~ macOS 10.12 Sierra向けにリリースされており、このバージョンではConsumer Reports(以下”CR”)がMacBook Pro Late 2016シリーズを非推奨とする発端となった不具合が修正されているようです。

iTunes 12.5.5

 iTunes 12.5.5は引き続きOS X 10.9 Mavericks(OS X 10.9.5)以降にリリースされており、今回のアップデートではパフォーマンスが改善されるそうです。

iTunesの新機能
このアップデートでは、アプリケーションやパフォーマンスが若干改善されます。