Apple、JavaScriptの”type=module”やグローバルプロパティをサポートした「Safari Technology Preview 21」をリリース。

スポンサーリンク

 AppleがJavaScriptの”type=module”やグローバルプロパティをサポートした「Safari Technology Preview 21」をリリースしています。詳細は以下から。

Safari Technology Preview Icons

 AppleおよびWebKit開発チームは現地時間2017年01月11日、次期Safariへ搭載が予定されている新機能や不具合修正を行ったプレビュー版Safariブラウザ「Safari Technology Preview(以下STP)」の21度目のアップデートとなる「STP v21」を新たに公開しています。

Jan 11, 2017 by Jon Davis @jonathandavis
Safari Technology Preview Release 21 is now available for download for macOS Sierra. If you already have Safari Technology Preview installed, you can update from the Mac App Store’s Updates tab. This release covers WebKit revisions 209803-210274.

Release Notes for Safari Technology Preview 21 – WebKit

 Safari TP v21では新たにJavaScriptのモジュール(<script type=”module”>)が有効になり、新たにグローバルプロパティがサポートされている他、CSS, Rendering, Accessibility, WebAPIなどの改善を行っているので、ユーザーの方はチェックしてみてください。

JavaScript

  • Enabled concurrent garbage collection (r209694)
  • Enabled <script type=”module”> (r210016)
  • Added support for the global property on the global object (r210052)