Henge Docks、リチウムイオンバッテリーを内蔵した「Magic Keyboard」と「Magic Trackpad 2」を接続して利用できる「Clique 2」を発売。

スポンサーリンク

 Henge Docksがリチウムイオンバッテリーを内蔵した「Magic Keyboard」と「Magic Trackpad 2」を接続して利用できる「Clique 2」を発売しています。詳細は以下から。


 Mac用の周辺機器などを開発しているサードパーティメーカーHenge Docksは、Appleのワイヤレスキーボード”Magic Keyboard”とトラックパッド”Magic Trackpad 2″を接続して利用できるアタッチメント”Clique 2″を新たに発売したと発表しています。

Clique2 forges a seamless integration of the Apple Magic Trackpad and Magic Keyboard 2 into a single unit that extends the versatility of both devices. The laser-cut aluminum chassis unites the keyboard and trackpad while a reusable attachment surface secures the devices firmly in place.

Clique 2 – Henge Docks

 Clique 2は旧”Apple Wireless Keyboard”と”Magic Trackpad”を接続するためのアタッチメント”Clique“を”Magic Keyboard”と”Magic Trackpad 2″に対応させたもので、新たにアルミニウムを採用し、使用法はキーボードとトラックパッドをClique 2にはめ込むだけで、

リチウムイオンバッテリーを充電するためのLightningポートや電源ボタン、アンテナ部を塞がないようにデザインされており、回転することで左利きのキーボードとトラックパッドの配置にも対応。

 サイズは45.6 x 11.5 x 0.65 cm、重さ0.27 kgで価格は59ドル、昨年12月上旬より発売を開始しており、キーボードとトラックパッドを固定して利用したい方や、リビングなどで両デバイスを膝の上に乗せて利用する場合などに向いているそうなので、興味のある方は公式サイトをチェックしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    「Clique 2」がリチウムイオンバッテリーを内蔵していいると勘違いさせるタイトル
    リチウムイオンバッテリーを内蔵しない「Magic Keyboard」と「Magic Trackpad 2」は存在しないのだから