米Consumer ReportsがMacBook Pro Late 2016のバッテリー駆動時間の矛盾に言及し、Appleがこれに対応中。

スポンサーリンク

 米Consumer ReportsがMacBook Pro Late 2016のバッテリー駆動時間の矛盾に言及し、Appleがこれに対応する事態となっているそうです。詳細は以下から。


 Appleが2016年10月に発売を開始したThunderbolt 3(USB-C)搭載のMacBook Pro Late 2016モデルは、バッテリーの駆動時間がAppleの技術仕様を満たさないケースが確認[1, 2, 3]されていますが、アメリカの非営利の消費者組織が発行するConsumer Reports(以下CR)が独自にMacBook Pro Late 2016のバッテリー駆動時間をテストした結果を発表しました。

As a result, these laptops are the first MacBooks not to receive recommended ratings from Consumer Reports.

What We Found
The MacBook Pro battery life results were highly inconsistent from one trial to the next.

New MacBook Pros Fail to Earn Consumer Reports Recommendation – Consumer Reports

 それによるとMacBook Pro Late 2016はCRが「推奨」できないノートPCで、その理由としてCRはMBPのバッテリー駆動時間の平均値がAppleが主張している10時間という公称値を満たしていない事を挙げ、MBP 13/15インチ Touch Bar/非搭載モデルを使用したテスト結果が以下の様に駆動時間に大きな差があったと主張しています。

MBP 13インチ
Touch Barモデル
MBP 13インチ
Touch Bar非搭載
MBP 15インチ
Touch Barモデル
Appleの公称値 10時間
CRのバッテリーテスト 16~3.7時間 19.5~4.5時間 18.5~8時間

 CRは過去にもMBPのバッテリー駆動時間テストを行っており、その際はバッテリー駆動時間が10時間というAppleの公称値に対し、19時間という結果を示したため「推奨」というCR独自の評価を与えたそうですが、今回のMBP Late 2016はMacBookシリーズとしては初となる「推奨」評価ができない結果となったとしています。

Appleの対応

 この結果に対し、AppleのPhil Schiller SVPは「現在、CRのバッテリーテストを理解するため彼らと協力している」とツイートし、Appleのテストラボや実際の現場で得たデータと一致しないと主張しているので、今後何らかの発表があると思われます。

おまけ

 iMoreのRene Ritchieさんやニューヨーク・タイムズのDan FrakesさんらはCRが「Safariの代わりにGoogle Chromeを利用したところバッテリー駆動時間が伸びた」と記載している事に対し、CR側に何らかの問題があるのではないかと予想しているようです。

Once our official testing was done, we experimented by conducting the same battery tests using a Chrome browser, rather than Safari. For this exercise, we ran two trials on each of the laptops, and found battery life to be consistently high on all six runs.

New MacBook Pros Fail to Earn Consumer Reports Recommendation – Consumer Reports