Apple、macOS Sierra 10.12.2で「Optimized Storage」機能使用時にアプリによりディスクの空き容量が異なる問題を修正。

スポンサーリンク

 AppleはmacOS Sierra 10.12.2で「Optimized Storage」機能使用時にアプリによりディスクの空き容量表示が異なる問題を修正したようです。詳細は以下から。


 AppleはmacOS Sierraでストレージを最適化する”Optimized Storage“機能や”iCloud デスクトップ&書類同期“機能を追加し、これに伴いmacOSにはFinderやシステム情報アプリにはパージ可能領域が表示されるようになりましたが、

このパージ可能領域が加わったことで、macOS Sierra 10.12では「ストレージ空き容量」表示がFinder、Siri、システム情報アプリなどアプリにより異なり、ユーザーに混乱を与えるという意見が出ていました。

macOS Sierra 10.12.2

 これに対し、Appleは12月14日にリリースしたmacOS Sierra 10.12.2で各アプリの空き容量表示を全てパージ領域を含めた空き容量表示に統一しているので、ユーザーの方はチェックしてみてください。