Apple、次期macOS Sierra 10.12.2アップデートでMacBook Proのグラフィックスが乱れる問題を修正?

スポンサーリンク

 Appleが次期macOS Sierra 10.12.2アップデートでMacBook Proのグラフィックスが乱れる問題を修正するかもしれません。詳細は以下から。

macbook-pro-late-2016-gpu-issue-logo-icon

 MacRumorsによると、同サイトのForumメンバーStratoMACさんがAppleのTim Cook CEOに現在各所で問題になっている、新しいMacBook Proのグラフィックスが乱れるたり、チェッカーボードや真っ暗になるなるなどの後、

Hi,

Thanks for your note! We believe we have addressed all of these graphics issues in the latest beta of Sierra 10.12.2 (available at beta.apple.com).

I hope that you enjoy your new MacBook Pro — it’s a fantastic machine!

– craig

Apple Believes MacBook Pro Graphics Issues May Be Fixed in Latest macOS 10.12.2 Beta – Mac Rumors

最悪Macが応答しなくなりカーネルパニックを起こす不具合を報告したところ、AppleのFederighi SVPから「我々はこれらのグラフィックスの問題についてSierra 10.12.2 betaの最終バージョンで修正しています」という返事を受け取ったそうです。

メールの検証と現状

 MacRumorsはこのメールを検証できず、このようなメールは簡単に偽造できるとしながらも、このメールは以前Federighi SVPが返送したメールと似ており、StratoMACさんが2007年からのMacRumors Forumメンバーであることなどを上げて、このメールは本物である可能性が高いとコメントしていますが、

macbook-pro-late-2016-graphics-issue-email

同Forumのscoopzさんは、この不具合がAppleが現地時間2016年12月05日に公開した「macOS Sierra 10.12.2 beta 5 Build 16C60b」でも修正されていないと報告しています。

GPUドライバをアップデート中?

 scoopzさんは別スレッドにこの問題を継続して報告しており、それによるとmacOS Sierra 10.12.2 beta 5 Build 16C60bではグラフィックスの不具合が修正されておらず、さらにダイナミックになっているそうですが、以前の様に頻繁にフリーズが起こることはなくなっているようで、

同様の不具合を報告し、AppleのリテールストアでMacBook Pro Late 2016 (AMD Radeon Pro 460)モデルを交換したJan Beckerさんは、その後AppleのエンジニアチームからMacのログや利用環境の情報収集を頼まれたとレポートしています。

*上記のメールが真実だとしても、MacBook Pro Late 2016のグラフィックス問題はFileVault 2での暗号化による不具合や15インチモデルでAMD Radeon Pro 450, 455, 460のdGPU支援を使用した場合に発生する不具合など複数の原因があるようなので、どの不具合がmacOS 10.12.2で修正されるかは分かりません。

コメント

  1. 匿名 より:

    ソフトウェアの更新で直りそうだという見通しだけでも喜ぶべき話だね。