Apple、「Safari Technology Preview 17」をリリース。Custom Elementsをデフォルトで有効にし、NPAPIプラグインを削除。

スポンサーリンク

 Appleが独自のHTML要素を作成できる「Custom Elements」をデフォルトとし、NPAPIプラグインを削除した「Safari Technology Preview 17」をリリースしています。詳細は以下から。

Safari Technology Preview Icons

 AppleおよびWebKit開発チームは現地時間11月09日、次期Safariへ搭載が予定されている新機能や不具合修正を行ったプレビュー版Safariブラウザ「Safari Technology Preview」の17度目のアップデートとなる「Safari Technology Preview v17」を公開しています。

Safari Technology Preview Release 17 is now available for download for macOS Sierra. If you already have Safari Technology Preview installed, you can update from the Mac App Store’s Updates tab. This release covers WebKit revisions 207669–208261.

Release Notes for Safari Technology Preview 17 – WebKit

 Safari TP v17ではSafari TP v14でサポートされた独自のHTML要素を定義できる「Custom Elements」をデフォルトで有効とし、NPAPIプラグインが削除(ロードできなくなる)されているそうなので、ユーザーの方は確認してみてください。

Safari Extensions

  • Removed NPAPI Plug-in support from .safariextz Safari Extensions

Custom Elements

  • Enabled Custom Elements everywhere by default (r208201)

Release Notes for Safari Technology Preview 17 – WebKit

ChromeFirefoxなどもNPAPIプラグインの対応を終了/2016年末に打切りすると発表しています。

コメント

  1. 匿名 より:

    NPAPIのNはNetscapeのN。いずれ「Netscapeって何ですか?」と真顔で訊かれる日が訪れる。