Adobe、macOS SierraでCreative Suiteのインストーラーが正常に動作しない問題についてサポートページを公開。

スポンサーリンク

 AdobeがmacOS SierraでCreative Suiteのインストーラーが正常に動作しない問題についてサポートページを公開しています。詳細は以下から。

adobe-creative-suite-dmg-logo-icon

 Adobeは先月19日、AppleがSierraでJava 6のサポートを終了するのに伴い、Adobe CS6製品はmacOS Sierraに対応しておらず、必要システム構成外になると発表していますが、SierraではCS6のインストーラーすら起動しないというForumのコメント[1, 2]に対し、この問題を解決するためのサポートページを新たに公開しています。

adobe-cs-installer-issue

“Installer Failed to Initialize” error. Some Adobe installers may fail to launch with the error “We’ve encountered the following issue. Installer failed to initialize. This could be due to a missing file. Please download Adobe Support Advisor to detect the problem.”

Installer Failed to Initialize

 公開されたサポートページによると、SirraでAdobe CSのインストーラーが初期化に失敗しアプリがインストール出来ない場合は”Install.app”を右クリックし、コンテキストメニューからパッケージを開き、”Contents/MacOS/”内にあるInstall実行ファイルをクリックすればインストーラーが初期化され、インストールできるようになるということなので、ユーザーの方はチェックしてみてください。

adobe-cs6-show-package-contents

  1. Creative Suite 6 アプリケーションのディスクイメージファイルをマウントします。
  2. マウントした DMG ファイルを開きます。
  3. Install.app を右クリックし、コンテキストメニューから「パッケージコンテンツを開く」を選択します。
  4. 「コンテンツ/MacOS」に移動します。
  5. 「Install」というタイトルの Unix 実行可能ファイルをダブルクリックします。

    ターミナルウィンドウが開き、インストーラーが初期化されます。体験版モードでインストールする、シリアル番号を利用する、または Creative Cloud メンバーシップを確認するオプションが表示されます。

コメント

  1. 匿名 より:

    Adobeのサイトからダウンロードしたものだとこの方法しかなかったが
    DVDのパッケージからは普通にインストールできた