Mac用アスキーアートエディタ「Monodraw」v1.1のSneak Peekが公開。スニペットやRuby, Pythonスクリプトへの書出しに対応。

スポンサーリンク

 Mac用アスキーアートエディタ「Monodraw」v1.1のSneak Peekが公開されています。詳細は以下から。

monodaw-logo-icon

 タスク管理アプリClearの開発者Milen Dzhumerovさんらが開発している多機能アスキーアートエディタ「Monodraw」がv1.1のSneak Peek版を公開しています。

Monodraw v1.1 is now available — make sure you have checked out the Snippets sneak peek!

Monodraw v1.1: Now Available

スニペット

 Monodrawでアスキーアートのスニペットを使うには、右サイドのインスペクターパネルからスニペットタブを選択し、使いたいスニペットをドラッグ&ドロップするだけで、スニペットは新たに作成しGitHubなどで共有することが可能です。

monodraw-v1-1-snippet

This repository contains snippets for Monodraw. It’s best to clone it inside the app’s “User Snippets” folder (Extras -> Reveal User Snippets Folder… from the menu bar).

Monodraw Snippets

エクスポート

 また、Monodraw v1.1ではエクスポートにも新機能が追加されており、ShellやRuby, Pythonスクリプト用のフォーマットでのエクスポートが可能なのでmakefileなどにも利用できます。

monodraw-v1-1-ruby-python-export-sh

 Monodraw v1.1はまだSneak Peek版なので、利用してみたい方は[Preferences]から[Update]タブの「☑ Receive pre-release software updates」にチェックを入れて、アップデートをチェックしてみてください。

monodraw-v1-1-sneak-peek-update