Apple、YosemiteおよびEl Capitan向けに「Safari 10.0」を公開。FlashなどのレガシープラグインがデフォルトでOFFに。

スポンサーリンク

 AppleがYosemiteおよびEl Capitan向けに「Safari 10.0」を公開しています。詳細は以下から。

safari-256-logo-icon

 Appleは本日、macOS 10.12 Sierraのリリースに合わせ、YosemiteおよびEl Capitan向けにWebブラウザ「Safari」のバージョン10.0を公開しています。

safari-v10-for-yose-el

  • Mac App Storeからの Safari機能拡張のサポートを追加
  • 可能な場合は常にHTML 5ビデオを表示し、読み込み時間の短縮、バッテリー消費の低減、セキュリティ強化を実現
  • ユーザーが許可したWebサイトでのみプラグインを実行することでセキュリティを拡張
  • 自動入力を改善し、連絡先に登録されたすべての連絡先から自動入力出来る機能を追加
  • リーダー表示のフォーマットを拡張
  • ユーザーが閲覧するWebサイトの拡大/縮小レベルを個別に記録

 Safari v10ではセキュリティが強化され、Flashなどレガシィープラグインが自動実行されず、デフォルトでOFFになっており、ユーザーがこれを実行する場合は表示されるダイアログで[信頼]ボタンを選択するか、環境設定の[セキュリティ]タブから[☑プラグインを許可]で各プラグインをオンにしてやる必要があります。

safari-v10-flash-niconico22

ニコニコ動画などのFlashコンテンツが見れなくなるということはありません。