Mac用Gitクライアント「Tower」がv2.5へアップデート。macOS Sierraに対応し、リポジトリのクローン機能が改善。




 ドイツfournova Software GmbHが、同社が開発&販売しているMac用Gitクライアント「Tower」をv2.5へアップデートし、100以上の修正を加えた他、いくつかの新機能を追加したと発表しています。

Our goal is to make you more productive, help you to become a better developer and offer you the best way to work with Git. The new version brings us one step closer. Today’s release includes 1,800 commits with 100 improvements and new features and makes the best Git client even better.

Tower 2.5 is Here – 100 Improvements + New Features

 Tower v2.5では日本時間9月21日にリリースが予定されているmacOS Sierraに対応しタブ機能が利用できるようになっている他、リポジトリのクローン機能が強化され、GitHub.com上のリポジトリの検索やSSHおよびHTTPSプロトコルの選択、クローンプロセスの表示などが可能になっています。


  • Tabs on macOS Sierra: users with macOS 10.12 can now choose to open repositories in native Tabs (or, of course, in a new window as before).
  • The “Clone” dialog now also searches on GitHub: start typing a non-URL string in the “Remote URL” textfield and Tower will start searching for public repositories on GitHub.
  • Bundled Git version update: the Git binary that comes delivered with Tower is now on version 2.9.3.
  • Recommended authentication for Visual Studio Team Services accounts: “Personal Access Token” is now the suggested default authentication method.

 Towerのシステム要件はOS X 10.8 Mountain Lion以上で、価格は1ライセンス7,900円からとなっていますが、30日間無料で利用可能なトライアル版も公開されており、現在Windows版の開発も進んでいるので、興味のある方は利用してみてください。