Hypervisorフレームワークを利用した仮想マシン構築アプリVeertuがアップデートし「Linux Kernel 4.6」をサポート。

スポンサーリンク

 Hypervisorフレームワークを利用した仮想マシン構築アプリVeertuがアップデートし「Linux Kernel 4.6」をサポートしたと伝えています。詳細は以下から。

Veertu Icon

 米&ウクライナのソフトウェア会社Veertu Software Ltd.は6日、AppleのHypervisorフレームワークを利用した仮想マシン構築アプリ「Veertu」をv1.1.4, Businessをv1.1.5へアップデートし、「Linux Kernel 4.6」をサポートしたと発表しています。

バージョン 1.1.5 の新機能
Fixes carried over from v1.1.4 – Linux Kernel 4.6 and power consumption optimization. This version is at the same fix level as v1.1.4 Veertu Native

Veertu 2016 Business – Native virtualization

今年5月にリリースされたLinux Kernel 4.6は最大10Gbpsの転送速度を持つ「USB 3.1 SuperSpeed+ (USB 3.1 Gen 2)」プロトコルがサポートされたほか分散ファイルシステム「OrangeFS」が新たに追加されています。

Veertu-v1-1-4-Hero

USB 3.1 SuperSpeed+をサポートしたmacOSやMacはまだ発売されていませんが、次期macOS SierraやMacBook Proなどではこれらがサポートされるという噂も出ているので、興味のある方はVeertuを試してみてください。

Veetu 無料

The app was not found in the store. 🙁