Microsoft、クロスプラットフォーム対応のカレンダーアプリ「Sunrise」のサービスを終了。(追記あり)

スポンサーリンク

 Microsoftがクロスプラットフォーム対応のカレンダーサービス&アプリ「Sunrise」のサービスを8月31日をもって終了しています。詳細は以下から。

Sunrise-Hero-logo-icon

 今年5月の発表の通り、Microsoftは買収したクロスプラットフォーム対応のカレンダーアプリ「Sunrise」を8月31日をもって終了したそうです。確認してみたところ日本時間9月2日(現地時間9月1日)時点ではまだログイン出来るようで、

Sunrise-Calender-on-MacBook

On August 31st, we’ll officially shut down the app and it will stop working all together.

It’s almost time to say goodbye

2014年4月にリリースされたSunrise Calendar for Macも利用可能でしたが、いつログイン/利用できなくなるかは分からないためReaddleが同社のCalendars 5への移行を勧めているほか、NylasがメールクライアントN1にカレンダー機能を追加する意思を示しているので、ユーザーだった方は確認してみてください。

追記

 PCWorldなどによると、MicrosoftはSunriseカレンダーサービスを8月31日には終了せず、同社のメールアプリ「Outlook」にSunriseのいくつかの機能を取り入れるまでもうしばらく利用できるようにするとコメントしたそうです。

(Update: Microsoft says Sunrise Calendar will not shut down on August 31 after all. “[W]e have chosen to wait a little longer in order to deliver a few more Sunrise-inspired features in Outlook,” the company told PCWorld. “Once those features are released, the Sunrise app will officially be shut down.”)

Sunrise Calendar is gone, and Microsoft Outlook can’t replace it

コメント

  1. 匿名 より:

    クロスプラットフォームとEvernoteの連携は使い勝手良かった
    生まれ変わったらMSユーザーしか受け入れないアプリとして還元しそう・・・。
    MSさん 飼い殺し ダメ、絶対。