WWDC 2016会場の壁からOpenCVなどを使い文字を抽出し、テキスト化したサイト「WWDC Wall」が公開。


 WWDC 2016会場の壁からOpenCVなどを使い文字を抽出し、テキスト化したサイト「WwdcWall .com」が公開されています。詳細は以下から。


 2016年6月13日から行われたAppleの開発者会議「WWDC 2016」ではこのイベントの会場となっているモスコーニ・センターの壁に”Hello”から始まる通称「Hello wall」が作成されていましたが、このHello wallをLyftのエンジニアMartín Conte Mac DonellさんがOpenCVtesseract(OCR)を用いてテキスト化しWeb上で公開しています。

Hello black and white & OCR
With the flat image and using OpenCV again I detected all the contours (letters) and created a (inverse) mask to remove the blue-ish background and only keep the letters. The goal here was to isolate the words so we can convert the image to black & white (or gray scale).

Reversing the wall – Medium

 Web(テキスト)化する方法はMediumに詳しく書かれており、使用したスクリプトも公開されていますが、Hello wallの中にはFederico Viticciさんが見つけた「Hello Tuesday, April 18, 2017」以外にも以下の様な面白い&謎のセンテンスが含まれているので、興味のある方はwwdcwall.comにアクセスしてみてください。

  • Hello sketching with Apple Pencil on a Mac.
  • Hello fantasies that are never final.
  • Hello shameless photos of food.
  • Hello P…I…N…G.
  • Hello five-star reviews.
  • Hello Bomb Mode.
  • Hello this message will self-destruct in 5, 4, 3, 2, 1…