Apple、OS X 10.11.6 El CapitanでSMB共有を利用した多機能プリンターやスピーカーなどのネットワークデバイスに接続できなくなる不具合を修正。


 AppleはOS X 10.11.6 El CapitanでSMB接続を利用した多機能プリンターやスピーカーに接続できなくなる不具合を修正したと発表しています。詳細は以下から。


 Appleは現地時間7月19日に公開した「OS X 10.11.6 El Capitan」アップデートに関するドキュメントを公開しました。それによるとOS X 10.11.6では、NetBoot serverへの接続改善, NetBootイメージからの起動が抑制されてしまう不具合, Active Directoryの認証に時間が掛かる不具合などエンタープライズ向けの不具合が修正されたほか、


About the OS X El Capitan v10.11.6 Update
This update:

  • Resolves an issue that may prevent settings from being saved in accounts with parental controls enabled.
  • Resolves an issue that prevented some network devices, such as speakers and multifunction printers, from accessing SMB share points.

Enterprise content:

  • Improves startup time when connecting to a NetBoot server.
  • Resolves an issue that may prevent startup from a NetBoot image created with an OS X v10.11.4 or OS X v10.11.5 installer.
  • Resolves an issue that may cause Active Directory authentication to take longer than expected.

See Apple Security Updates for detailed information about the security content of this update.

About the OS X El Capitan v10.11.6 Update – Apple


 特にSMB共有を利用したスピーカーや多機能プリンター/スキャナにアクセスできなくなる不具合は、OS X 10.11.5アップデート後からApple Support Communities[1, 2, 3]やReddit, Twitterなどに報告が相次いでいるので、不具合が発生している方はOS X 10.11.6へアップデートしてみてください。