VMware、macOS 10.12 SierraをVMware Fusionにインストールするためのパッチを公開。

スポンサーリンク

 VMwareがmacOS 10.12 SierraをVMware Fusionにインストールするためのパッチを公開しています。詳細は以下から。

VMware_Fusion-logo-icon

 VMware, Inc.は同社のMac用仮想マシン構築アプリ「VMware Fusion」にAppleが開発者向けに公開しているmacOS 10.12 Sierra Developer PreviewをインストールするためのパッチをGitHubに公開したと公式ブログで発表しています。

Welcome-VMware-Fusion-on-GitHub

It’s a pretty small patch, only a couple of lines changed for one of our supporting scripts, but it makes the entire process as easy as ‘drag .app onto the New VM wizard, click next, wait for the magic to delight you’.

Fix for installing macOS Sierra as a VM – VMware Fusion Blog – VMware Blogs

 パッチの名前は”Create Mavericks Installer.tool”となっていますが、これを当てることによりVMウィザードで簡単にSierra DPをインストールできるそうで、使い方は公式ブログに記載されている通りVMware Fusion.appを右クリックし[パッケージの内容を表示]から”Contents/LIbrary”へ移動しパッチを適用、その後chmod&xattrするだけとのことなのでVMware Fusionユーザーの方は試してみてください。

sudo chmod 755 /Applications/VMware\ Fusion.app/Contents/Library/Create\ Mavericks\ Installer.tool
sudo xattr -rc /Applications/VMware\ Fusion.app/Contents/Library/Create\ Mavericks\ Installer.tool