EvernoteからAppleのメモアプリへ移行するツールの比較まとめ。

スポンサーリンク

 EvernoteからAppleのメモアプリへ移行するツールを比較してみました。詳細は以下から。

Evernote2Notes-Hero

 Evernoteは本日、有料プランの価格の改定と無料のベーシックプランで利用できる端末数を制限しましたが、EvernoteからAppleのメモ(Notes)アプリへ移行される方からタグなどのメタデータが落ちてしまう件についてコメントを頂いたので、以前公開されたLarry SalibraのApple ScriptとAppleのメモアプリの読込み機能で比較してみました。

Evernote-to-Apple-Notes-img1

移行出来るデータ/出来ないデータ

 EvernoteからAppleのメモアプリへ移行したデータは以上のノートで、題名, 本文, タグ, URL, 位置情報, 製作者が記録されており、読み込み後に移行できたデータは以下の通り。

Apple-Notes-import-and-AppleScript

 Appleのメモアプリの読込み機能はEvernoteのノート情報の読込みに対応していないものの、テキストスタイルやノート内のコンテンツにはほぼ全て移行可能で、Export AppleScriptはノート内のコンテンツは欠落してしまいますが、ノート情報はコンテンツ内に書き出された形で保持されるので、Evernoteに保存しているデータによって使い分けてみてください。

メモアプリの
読込み機能
Export
AppleScript
テキスト
テキストスタイル
リスト
リンク
画像
タグ
URL
位置情報
製作者

おまけ

 Microsoftのデジタルノートアプリ「OneNote」も既にEvernoteからの公式移行ツールを公開しており、ほぼ全てのノート内コンテンツやタグ情報の読込みに対応していますが、今のところMac用ツールは公開されていません